新生活に急いでいるなら5分でわかる徹底比較をチェック→結局auひかりとフレッツ光ってどっちがいいの?
ホーム快適な生活設計 >お金があっても健康でなければ使えない

2013年08月31日

お金があっても健康でなければ使えない


デスクチェアー.jpg



IT社会だから大きな収益と代償を考える
 IT技術の進歩から、デスクワークの方が増えていますが、基本的に座ったままの姿勢というのは人体に大きな悪影響を与えます。

デスクワークで1日8時間どころか15時間にも及ぶような作業を行っている方も多く、最近では特にモニターの前で一日中過ごす方が増えていますし、適度に運動も行わずにずっと座ったまま作業に没頭する方も居ます、しかし、そういう生活を続けていると、血流が悪くなり、関節も硬くなりますし、臓器の動きが悪く、呼吸も浅く、体の所々に歪みが出てきます。

デスクチェアー1.jpg
人間工学に基づいた設計、最高級のオフィスチェア

特にデスクワークで問題を抱えるのは腰痛と眼精疲労です。
ずっとモニターを見る生活を送れば当然眼の疲労は激しいですし、姿勢の問題で眼への血流や栄養素も周り難く、慢性的な眼精疲労を抱える方も増えています、そして同じ姿勢で過ごす事で骨にも影響があり、座る時には腰に大きな負担が行くので激しい腰痛を抱えるリスクもあります。

腰痛や眼精疲労の改善というのは座ったままの姿勢で過ごす方が解決すべき大問題です。

そこで、椅子を変えてみるというのは極めて効果的で、ずっと座る事が避け辛いならば、せめて座っている時に負担を減らすような椅子を選択するのは望ましい事です。

デスクチェアー2.jpg
人間工学に基づいた設計、最高級のオフィスチェア

自分の体格や骨格に合わせてオーダーメイドも可能な所もありますし、自分の体を考えれば投資しても良い部分です。
そもそも人体は座る形に適していないので、腰が痛くなるのは必然です、だからこそ自分に合った椅子を手にするべきで、腰痛対策として
レカロデスクチェアは効果的でオーダーメイド可能です。

人間工学のノウハウが生かされた椅子で、長時間座った姿勢で居ても負荷を軽減してくれる効果があり、疲労軽減になります。

人間工学プラス整形工学が集約されたレカロチェアですから、腰痛持ちの方は当然として、座り心地に拘る方にも良い椅子です。


人間工学に基づいた設計、最高級のオフィスチェア

レカロデスクチェアはコスト面では高いモノですが、購入する事で何年も継続して利用出来ますし、毎日の作業の為にも良い椅子を
使って、体の負担を軽減してあげるのは、自己管理の1つですし、自分の体を長持ちさせる為にも効果的なものです。

オーダーしてから届くまでに1か月位かかりますが、デスクワークの腰痛持ちの方は一度体感してみるのも良いでしょう、座った時の負担軽減
によって、背中や首のハリやコリも改善されますし、眼精疲労にも効果的です。

眼精疲労にはブルーライトをカットするメガネで保護し、デスクワークには自分に適した椅子を選択する事で、日々の負担軽減に繋がります。
デスクチェアー3.jpg



人間工学に基づいた設計、最高級のオフィスチェア
【快適な生活設計の最新記事】
posted by 北原 at 19:10 | TrackBack(0) | 快適な生活設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。