新生活に急いでいるなら5分でわかる徹底比較をチェック→結局auひかりとフレッツ光ってどっちがいいの?

2015年01月17日

インターネット回線の二大勢力であるフレッツ光とauひかりを徹底比較


比較.jpg

光回線のフレッツ光とauひかりってなにが違うの?そんな悩みに答える内容になっています


光ファイバーによるインターネット回線の二大勢力であるフレッツ光とauひかり。
正直どちらも同じように見えるけれど、なにが違うの?と思っている人も多いと思います。
フレッツ光とauひかりはいずれも素晴らしいサービスなのですが、少しずつ異なった特徴があります。
それぞれのメリットをよく比較して、自分にあったインターネット回線を選びましょう。

初期工事費の安さならフレッツ光


フレッツひかりの一番の特徴は、その初期費用の安さです。
一昔前までは、キャンペーン価格ということで光ファイバーの工事費は無料でとり行ってくれることが多かったのですが、契約直後の解約などが目立つようになってからはどこの会社もしっかりと工事費を回収するようになりました。
初期工事費用に数万円かかってしまうという中で、比較的安価に工事をとり行ってくれるのがフレッツ光です。
auひかりの初期費用が37500円程度であるのに対して、フレッツ光東日本では24000円、フレッツ光西日本ではなんと3500円で初期工事を行ってくれます。
西日本にお住まいの方は、auひかりにかかる初期工事費の10分の1以下で工事を行ってもらえるので、断然フレッツ光を選んだ方がおすすめだと言えます。

月額料金で比較してもフレッツ光の勝ち


料金に関してもう一点気になるのが、毎月かかるプロバイダ料金です。
少し前まで、フレッツ光を利用すると回線料金とは別にプロバイダ料金というものが請求され、他の光ファイバーよりも少々値が高くなることがありました。
しかし、最近では割引制度が開始され、フレッツ光だけが特別値が高いという印象は薄れたように感じます。
フレッツ光のプロバイダ料金は、お住まいのエリアや選んだプロバイダによって大きく値段が変わるのが特徴的です。
場合によっては他のいかなるサービスよりも割安で利用できるので、一番お得になる使い方をよく検討してみるのがおすすめです。
フレッツ光を選ぶ場合、大きく4つのシミュレーションをすることができます。
「1、東日本に住んでいて高いプロバイダを使う場合」「2、東日本に住んでいて安いプロバイダを使う場合」「3、西日本に住んでいて高いプロバイダを使う場合」「4、西日本に住んでいて安いプロバイダを使う場合」の4種類です。
どのプロバイダを選んでも価格は一定というauひかりと比較した場合、1番目の「東日本に住んでいて高いプロバイダを使う場合」に関してだけはフレッツ光の方が割高になってしまうのですが、残りの3パターンの場合はいずれもauひかりより断然安くなります。
前述した初期工事費でも言えるように、フレッツ光の料金設定はお住まいのエリアによって値段が変わってくるので少々ややこしい面があるのですが、西日本にお住まいの方なら確実にフレッツ光の方が値段を抑えることができるのでおすすめです。

回転速度の速さならauひかり


価格面ではフレッツ光の圧勝だった一方で、auひかりにももちろん大きなメリットがあります。
それは、回線速度の速さです。
回線速度を比較してみると、フレッツ光東日本の最大速度が200Mdpsなのに対してフレッツ光西日本が最大1Gdps、auひかりはエリアに関わらず最大1Gdpsとなっています。
東日本にお住まいの方でインターネットの回転速度にこだわりがある方は、auひかりの方が断然早いのでおすすめです。

もちろんauスマホを使っているならauひかりがおすすめ


フレッツ光が同じNTTグループであるdocomoのサービスとの併用による割引制度を設けていないのに対して、auひかりは、同じKDDIグループであるauの携帯と併用することでauスマートバリューという割引サービスを受けることができます。
携帯料金・スマホ料金を割安にできるので、auスマホを使っている人はauひかりの方がお得だと言えます。
posted by 北原 at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | auひかりってどういうの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

auひかりの評判 通信速度だけじゃない。


人気のあるauひかりで悩んだら
 インターネットをはじめよう。と思うと、フレッツ光とauひかりで悩みますよね。

日本のインターネットプロバイダーは、フレッツ光とauひかりだけになります。

悩むときは、このふたつを比較すると楽に済みます。


なんでauひかりが人気なの?
 最大通信速度1Gbpsが強みと思われがちですが、

通信速度だけではありません。

実は、人気の秘密は、もうひとつ。

『電話サービス』

にあります。

auひかりは、KDDIで出されているインターネットプロバイダーです。

携帯電話の業務もおこなっている会社なので、電話にも力を入れているようです。

こちらを、ご覧ください。

電話サービスを比較する

フレッツ光 ひかり電話サービス

月額基本利用料
基本プラン 525円/月
ひかり電話A(エース) プラン 1,575円/月
もっと安心プラン 4,095円/月
安心プラン 1,470円/月

※固定電話の月額利用料は平均1500円前後

通話料
固定電話からかける場合
市内:8.925円/3分
市外、県内:21円〜42円/3分
県外:21円〜84円/3分

フレッツ ひかり電話からかける場合
市内:8.4円/3分
市外、県内:8.4円/3分
県外:8.4円/3分


auひかり 電話サービス

月額利用料
525円/月

通話料
NTT固定電話通話料、県内県外(60qまでの距離)8,4円

NTT固定電話通話料、県内県外(100km超の距離)8,4円


これを見るとわかります。

auひかりは、通話料が、シンプルかつ安いです。


フレッツ光とauひかりをもっと詳しく調べる。
auひかりとフレッツ光って、結局どっちが総合的に良いの?


アドバイス
auひかりの強みは、通信速度じゃない!
posted by 北原 at 08:14 | auひかりってどういうの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

auひかり サービスの種類


 auひかりはシンプルな構造でネットサービスと電話サービス、そして、TVサービスの3種類になります。

auひかりの基本はフレッツ光と違って、『サービスでもてなす。』というよりは、サービスを絞って、そのサービスのみ提供することで、低コストの高パフォーマンスを実現しているように思えます。

では3種類のサービス内容をご覧ください。
ネットサービス

 こちらはもう人気で誰もがご存じかと思いますが、最大1Gbpsの通信速度のサービスです。auひかりの一番の強みではないでしょうか。





電話サービス

 auひかりはネットサービスが人気ですが、実はこの電話サービスこそお得なのをご存じでしょうか。





TVサービス

 要注意!このTVサービスで地デジやBS/CSを見ることはできません。




posted by 北原 at 14:53 | auひかりってどういうの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。