新生活に急いでいるなら5分でわかる徹底比較をチェック→結局auひかりとフレッツ光ってどっちがいいの?

2012年04月01日

さっそく始めよう!ワイマックスお申込み窓口


@nifty WiMAX
プロバイダーボーダー.png
どこでも手軽にインターネット生活 ニフティ株式会社

製品概要WiMAXの申込取次
価格下記参照
販売元URL@nifty WiMAX


 @nifty WiMAXはUQ WiMAXを利用してワイマックスを提供しています。

ワイマックスのポイントとして、モバイル通信とは思えないほどの通信速度にあります。その速度最大40Mbpsです。さすがに光回線には圧倒的に劣ってしまいますが、それでもどこでも利用でき、ほぼ全国に分布していることから、利用者は今後も増えると予測しています。

更に利用料もお安いのがワイマックスの特徴です。

一例として、毎月の月額利用料をご参照ください。

@nifty WiMAX Flat 年間パスポートプランを参照
年間契約タイプ@nifty WiMAX Flat年間パスポート月額利用料3591円/月
@niftyプロバイダーサービス262,5円/月
毎月基本利用料合計3853,5/月

プロバイダーお申込みボーダー.png

※詳細はこちらのHPで確認してください
こちら→@nifty WiMAX

(お申込みの内容については、販売元サイトのほうが情報が豊富です。
興味のある方はそちらで確認されることをオススメします。)




会社概要

会社名 ニフティ株式会社

設立年月日 1986年2月4日

所在地 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー(18階受付)

業務内容 ISP事業、Webサービス事業


posted by 北原 at 12:31 | WiMAXってどういうの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WiMAXってどういうの?


 有名になってきましたワイマックス。利用している方も多いのではないでしょうか。現在、通信商戦と言っても過言でないほどに通信回線業界はワタワタしています。その戦いに大きな打撃を与えたのが、auひかり とこのワイマックスだと私は思います。

ワイマックスはモバイル通信手段を利用しているため、一見、通信速度が劣り、使いものにならないように感じますが、このワイマックスは他のモバイル通信とは少し違います。

もともとワイマックスは人口希薄地域や光回線やADSL回線を利用できない地域での最後の手段として設計されています。近年では持ち歩ける高速通信用の規格としても言われており、当初のワイマックスの規格の中長距離エリアをカバーする無線通信を目的としていたものから、更に規模を拡大しているようです。


どこの通信網を利用するの?

 例えば、フレッツ光はフレッツ網とNGN網を利用していますが、このワイマックスの通信網はWireless MANというワイマックスの特別通信網を利用しています。


ワイマックスのメリットを教えて!

 ワイマックスのポイントは3つあります。

1 どこでも利用できる

 ワイヤレス通信の中で高速と言える最大通信速度40Mbpsで利用ができます。例えば、携帯電話の通信速度は最大約3.6Mbpsなので、モバイル通信の中では群を抜いて高速なのが解ります。

しかしやはり、光回線よりはるかに劣るのも事実です。例えば、フレッツ光の光ポータブルを屋外で公衆通信スポットで利用すれば最大54Mbpsの通信速度を確保できます。また自宅で利用する光回線は最大100Mbpsから1000Mbpsなので圧倒的に劣るのも解るかと思います。

なのでワイマックスでyoutubeのハイビジョン動画などを見る際にカクカクしてしまうことがあるのではないでしょうか。

配線を利用しないため、すでに提供エリアは全国に広がっています。一部利用できないところもありますので、お申込みの際は一度ご確認ください。90%の地域で利用が可能になっていますので家でも外でもインターネットを利用することができます。

2 月額利用料が安い!

 UQ WiMAXという規格を例に挙げますと、こまかにプランを設定することができます。24時間利用したい方にはUQ 1Day。ずっと利用したい方は完全定額プランなどから選ぶことができるので、利用者にやさしいプランになっています。またモバイル通信の月額利用料で時々、目に入るのが1年目は月額利用料何円。2年目からは何円という風に変わってしまうプランがあります。しかし、UQ WiMAXは変わらずに利用できるようです。

更にニフティのワイマックスを例に挙げますと、利用する月と利用しない月がある利用者に無駄なく使える2段階定額プランを用意しているのであまり使わなかった月はお安くなり、またたくさん使った月も上限があるので安心にご利用頂けます。


3 面倒な工事や追加プロバイダー契約も不要!

 配線を不要とした通信手段を取るので回線工事は当然不要になります。また外で利用したりする場合、追加でプロバイダーとご契約をしなければならないときがありますが、こちらも一切不要で利用ができます。

商品が届き次第すぐに利用できるのがワイマックスの強みです。通常、家に光回線を引き、回線開通までにおよそ1ヶ月から2ヶ月を要しますが、ワイマックスは工事がないので短期間で利用できるようになります。そのため、光回線を手続きして現在、開通工事待ちの状態でインターネットができない状態の場合、1Dayプランを利用して、そこを穴埋めすることもできます。


ワイマックスは手軽かつモバイル通信として高速通信が可能な高機能端末です。

ごゆっくりご検討ください。
posted by 北原 at 11:49 | WiMAXってどういうの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。