新生活に急いでいるなら5分でわかる徹底比較をチェック→結局auひかりとフレッツ光ってどっちがいいの?

2012年08月27日

アフィリエイトの報酬受け取りと、税金や確定申告の流れ


報酬は自動的に振り込まれる
 APSはすべて統括しているため、報酬を受け取る作業はありません。

A会社のアフィリエイトの報酬

B会社のアフィリエイトの報酬

C会社のアフィリエイトの報酬

   ・
   ・
   ・


数多くのアフィリエイトプログラムからの報酬があるようになっていきますが、

別々に報酬が来るのではなく、一括で振り込まれます。


税金や確定申告は自分でおこなう
 仕事に就いていると、会社のほうで税金を引いた金額を給料として振り込んでくれます。

しかし、アフィリエイトはすべての差引を自分でおこなわなければなりません。


確定申告をする
自分で収入を計算し、税務署に申告して税金を納めます。

これが『確定申告』と言います。

会社に勤めて、副業としてアフィリエイトをしている方は年間所得が20万円

アフィリエイトを本業にしている方は年間所得が38万円

こちらを超えると、申告をしなければなりません。

言わば、個人業のようなものですので、素人で解らなかったや通知が来なかったなど、安易にしていると、簡単に脱税行為としてみなされてしまいます。

アフィリエイトは気軽に始められるので、簡単に作業を進められますが、税金などの確定申告は真剣に守りましょう。

APS会社のサイト内に確定申告の仕方を記載しているところもありますので参考にしてください。
私はここで学びました。
A8.net

(Q&Aのキーワード検索欄に『確定申告』と入力してください。)

税務署でも無料で確定申告のしかたを教えてくれますので、一度相談してみても良いでしょう。


アフィリエイトで収入を得たら、使わない!
 アフィリエイトは安定した職業ではありません。

まして、初収入を使ってしまうのは、いけないことだと、認識しましょう。

税金を支払うお金が無くなってしまったら大惨事になります。

収入を得たら、残しておく部分と使って大丈夫な部分を分けておくことが非常に大切なことです。


あいまいな収支で確定申告は絶対にいけません!
 収入は通帳を見れば、簡単に解りますが、

支出は簡単に見つけ出す事はできません。

例えば、インク代や用紙代、参考書購入代、セミナー費、交通費など

細かに支出を見つけ出さなければなりません。

こちらは始める前にしっかりしておかないと大変なことになります。

私はレシートなど支出が解るものは、別に保存しています。


ポイント
 税理士に依頼すると非常に効率よくなります。

コストもかかりますので、収入が大きくなってきたらにしましょう。


税金が怖かったら
 アフィリエイトで収入を得た分を使わないでおきましょう。

例えば、2年間アフィリエイトを続けているとします。

1年目に収入を得た分をそのまま使わず、2年目に入ったら1年目の収入を利用する。

このようなサイクルにすると、安心して、確定申告を迎えられます。


副業として、アフィリエイトをしようとしている方へ
 アフィリエイトをしていることを、本業の会社にバレたくない方も多いですよね。

そんな方は、住民税の徴収方法で普通徴収欄に印をつけてください。

また、配偶者がいるのであれば、収入の名義を配偶者の名前にするのも手です。


アドバイス
お金を使ったら、レシートをすべてとっておく!
posted by 北原 at 16:27 | アフィリエイトのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

成果が出て、はじめて収入になる アフィリエイトのしくみ


アフィリエイトのしくみ
 アフィリエイトはトライアングルの提携関係を結びます。

広告を出稿したい企業
 アフィリエイトでの呼び名:スポンサー、広告主など

広告の出稿、掲載の仲介業務をする企業(A8.netなど)
 アフィリエイトでの呼び名:APSなど

広告を掲載して収入を得たいサイト運営者(自分)
 アフィリエイトでの呼び名:パートナー、AS会員、アフィリエイターなど


アフィリエイトは成果があってはじめて、収入につながるネットビジネス
 アフィリエイトは基本給や時給などと違い、

『商品を買ってくれた。』

『契約をしてくれた。』

などの成果が入って、はじめて収入になる仕事です。

なので、手を抜くことはできませんし、時間まで仕事すれば、収入になることもありません。

アフィリエイトは難しいと言われてしまうところはここにあります。

しかし、営業などのノルマはありませんし、時間配分や勤務体制を自分で決めて取り組むことができます。

毎日みっちりするのもよし、一日飛ばしでするのもよし、毎日2時間するのもよし、など自分で決めることができます。

一般の仕事に比べ、とても自由な仕事内容になります。

その分、怠けてしまう傾向がありますので、自分に強い志と長期間の目標を決めて取り組む必要があります。

さらに自由なところはたくさんあります。

時間の他に場所も制限されません。インターネット環境があれば、家でなくてもアフィリエイトを運営できます。

なので、単身赴任や旅行先などでもインターネットをつなげることができる場所で運営が可能です。

また、アフィリエイトは免許や資格を必要としません。

年齢制限として、20歳以上を制限としているAPSが多いので、年齢には注意しましょう。

しかし、ブログ自体は年齢制限がないものが多く、アフィリエイトが利用可能なブログを立ち上げて、運営をしていき、年齢がクリアしたと同時にアフィリエイトを機動していけば効率的に作業が進められます。

登録料なども発生しないので気軽にはじめることができます。

ポイント
必要なものはブログかサイト、インターネット環境とパソコンだけ!


成果がすべて
 何年もアフィリエイトを続けてもユーザーに認めてもらえなければ、収入はゼロ円です。

何時間も作業に打ち込めば、収入に繋がるとは限りません。

時間よりも、内容が重要なのがここで解ります。


ノルマがないからこそ
 人はどんなときでも、ノルマを強いられて仕事をこなしていきます。

しかし、アフィリエイトはノルマがありません。

そのため、逆に怠けてしまい成果が上がらないことも多いです。

さらに任された責任もないので、簡単に投げ出すことができます。

自分にノルマを着せて作業に打ち込むと良いでしょう。


数多くのジャンルから自分に合ったプログラムを選出できる
 アフィリエイトプログラムは多種多様なジャンルがあります。

その中から自由に選ぶことができます。

ときどき、提携前の審査がありますが、サイト内を改変していくことで、審査を通ることができます。

なので、基本、すべてのジャンルのアフィリエイトと提携を組むことができます。

提携を組む数は決まってないので、無限にどんどん提携を組んで、より良いアフィリエイトプログラムを選びましょう。


アドバイス
トライアングルの提携関係を覚えよう!
posted by 北原 at 20:55 | アフィリエイトのしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。