新生活に急いでいるなら5分でわかる徹底比較をチェック→結局auひかりとフレッツ光ってどっちがいいの?

2012年09月26日

結局は、ほかのライバルサイトよりも優良なコンテンツを提供できるかが勝敗を分ける。


アフィリエイトはコンテンツが一番重要!
 アフィリエイトは、コンテンツ(記事など)が一番重要になります。

アフィリエイトはコンテンツでしかない!

と言っても良いでしょう。

アフィリエイトサイトは、コンテンツで成り立っています。

ユーザーが見たいと思うコンテンツ、必要とされるコンテンツがなければ、

ユーザーは、ページを開いたはいいけど、理想の内容が載っていなければ、なにも見ないで、別のサイトへ、アクセスして、より良い情報を求めに行ってしまいます。


これを『直帰率』と言います。


ユーザーに利用してもらえるサイトを作るために必要なこと
 アフィリエイトとは、2000年以降、急速に栄えた仕事であり、まだ、日が浅いのが実情です。

アフィリエイトが始まった時代は、コンテンツのクオリティが求められることがありませんでした。

その理由として、

『優良なアフィリエイト、アフィリエイターが少なかったため。』

『アフィリエイトがどうしたら、収入に繋がるか。を解らなかったため。』


にあります。

そのため、雑誌などの情報を記事コンテンツとして、掲載していけば、それだけで、ユーザーから、『情報豊富で役立つ。』と評価されてしまいました。

この場合、ユーザーからの高評価を得た理由は、

『役立つ情報』と『情報量』です。

しかし、現代2012年では、情報量が豊富なのは、当然として見られてしまい。逆に情報量が少ないのは、あやしいサイトと見られてしまいます。

また、基本的な情報を掲載するだけでは、ほかのアフィリエイトサイトと変わり映えしないため、ユーザーから選ばれる、アフィリエイトサイトになれません。


こだわりを持ったアフィリエイトサイト作りに徹底する。
 自分でなければ、書くことのできない、『体験談』のような、オンリーワンの武器をコンテンツに掲載したり、

写真や画像、グラフや表を用いて、わかりやすくしたり、カラーにこだわったりと、

プラスアルファ要素のあるアフィリエイトサイトを作ることが確実に必須となりました。

今までは、適当に文字だけ書いていれば、収入になったのですが、今は、雑誌や本のレベルを求められています。


アフィリエイト記事を書くために必要なこと
 そこで、必要になるのが、

『知識』、『情報』、『経験』、『努力』

です。

必要なのは、この4つです。

例えば、こんなことわざを耳にしたことはありませんか?

『どんなことでも、3年続ければ、仕事になる。』

この言葉は、アフィリエイトにすごく共通します。

アフィリエイト未経験で参考書をあさりながら、記事を作成していく方と、

3年間、アフィリエイトを取り組んでいる方で、自ら培った今まで経験やそこまでに達する知識を基に記事を作成していくのでは、比べものにもなりません。


だとしたら、初めてアフィリエイトをはじめる方は、今までアフィリエイトをおこなってきた方には勝てないのでは?
 間違ってはいません。

しかし、要は、自分の中に知識や経験、オンリーワンの知識や考えかた、ひらめきがあるかどうかです。

今までの人生で経験したことで、豊富な情報を持っているジャンル。自分の得意なジャンルを選択することで、アフィリエイトを成功させる第1ステップになります。


ポイント
 直帰率とは、自分のサイトの記事などを閲覧したユーザーが、そのサイト内でほかのページに行かずに、戻って、ほかのサイトに行ってしまうことを、数字化にしたものです。

直帰率が多いサイトは、そのサイトがユーザーに興味がない。または、魅力がない。ということになります。


コンテンツは、流行が大きく左右する。
 記事を書いても、人気がないページばかりで、消してしまおうと考えるときがありますが、公開したまま、待ってください。その記事が流行にはまるときがあります。そうすると、爆発的に、訪問者数が増え、人気の記事になることがあります。


アドバイス
いつも自分が見ているサイトや愛用しているサイトを、なんで愛用にしているか、考えてみよう!
posted by 北原 at 16:47 | アフィリエイトはテーマ決めが重要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

あなたが作成するアフィリエイトサイトをひとつのテーマに絞り込む


稼ぐためにはテーマの絞り込みが重要
 インターネットを通してユーザーは知りたい情報にたどり着きます。

その中で自分のアフィリエイトサイトを見つけてもらうには、

テーマを絞り込み、流行などのニーズに敏感に感じて、

反映していく必要があります。

一見、

『なんでも情報があるサイトなら、その分、多くのユーザーが助かるのではないか。』

と思いがちですが、

例えば、

『ダイエットで検索してきたユーザーがいるとします。

ダイエットで検索にヒットしたサイトを開いてみると、

健康食品やダイエット機器、さらには、ダイエットに必要と評して、ランニングシューズやアロマなどを

扱っていたらどうしますか?』


当すべてのコンテンツが適切に深い内容で書かれているなら、助かるユーザーはたくさんいます。

しかし、

このようなさまざまな情報が混在していると、

ユーザーは、何に注目していいのか解らなくなってしまいます。

あくまで、アフィリエイトサイトは情報サイトではなく、販売サイトなので、

ユーザーに必要以上の情報を提供する必要はありません。

上記のように、『ダイエット』に注目するのであれば、

『ダイエットに必要なシューズ』

『歩くだけで鍛えられるトーキングシューズ』

とこのくらいまで絞りましょう。

これは基本です。


テーマの絞り方を実際に例にあげます。
 『ダイエット』と一言で言っても、どこのダイエットに悩んでいるかは、

ユーザーそれぞれです。

その場合、流行などのニーズを探ってみましょう。

『簡単にダイエットしたい。』

『夏までにダイエットしたい。』

『たるみを無くしたい。』


など、ユーザーは悩んで検索してきます。

その悩みの中で、一番、多くのユーザーが悩んでいる事柄を選ぶことで、

その悩みをもつユーザーをサイトに引き込むことができます。

例えば、

たるみを少なくするサイトを開く場合、

『たるみを改善するためのサプリメントをご紹介するサイト』


と絞り込むことで、的確にピンポイントのユーザーを引き込むことができます。


テーマを絞りこみ過ぎると、稼ぎづらくなります。
 このバランスが非常に難しいのですが、

テーマを絞り込み過ぎると、訪問してくるユーザーの数が少なくなってしまい、

収入が伸びなくなってしまいます。


アフィリエイトで生計を立てるには、

毎日、10件以上の成果をコンスタントに得る必要があります。

そのためには、訪問者数を一日当たり200から500以上は

必要です。


テーマを絞り込みすぎると、訪問者数が100件もいかなくなってしまうことがあります。

テーマと流行などのニーズのバランスがとても大事です。


ポイント
 複数のサイト作ることも有効手段

細かくテーマを絞り、その分のサイトを複数運営していくのも有効な手段と言えます。

その分、ひとつのサイトの訪問者数は少なくなってしまいますが、

的確にユーザーを引き込むことができます。

確実に成果を上げたいのであれば、この手を使ってみてください。

ただし、複数サイトを運営すると、更新作業や制作作業が何倍にもなってしまいます。

薄っぺらなサイトはユーザーはすぐに帰ってしまいます。気をつけてください。


テーマを絞り込めていない失敗サイトの一例
フレッツトライ
http://mpd03tp.seesaa.net/


テーマの絞り方
『ダイエット』→『腹部のたるみ』→『サプリメント』→『錠剤』

アドバイス
あなたが興味を持っているテーマを絞り込んで、あなたが実際どこまで細かく求めているか、知ろう!
posted by 北原 at 16:58 | アフィリエイトはテーマ決めが重要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。